子どもたちの心に届けたいのは未来の笑顔につながる「できた!」

驚きを共有したかったんだよね。

パワフル4年女子のひとり、Kちゃん。

 この前のレッスンで

 

「先生!このチョコ、まっずいから食べてみて~!」

 

と、チョコレートの包みをふたつ。

 

「ええぇーー!? まずいの持ってきたのーー???」

 

「そう! すっごいまずいんですよー! 」

 

「は・・ はは・・・ 」

 

顔で笑って、心で苦笑い。

 

「どうせならおいしいの、もってきてよ~」

という私に

 

「いいから、食べてみて下さいよ~。まずいから~。」

と真顔のKちゃん。

 

一応Kちゃんに感想を述べるために後日食べてみたら、なんてことはない、ただのビターチョコレート。

おこちゃまには、苦くておいしくなかったのでしょう。

 

それにしても、子どもはこんなところが可愛くて面白い。

家でチョコを食べているときに「先生のところに持っていこう」と思いだしてくれたことが、まずうれしい。

そして「まずい!」と思ったその驚きを先生にも伝えようと、そのまずいチョコを持ってきてくれたところがおもしろい。

驚きを共有したかったんだよね(笑)

 

子どもは本当にかわいいです♪

 

 

教室生専用