子どもたちの心に届けたいのは未来の笑顔につながる「できた!」

過ごした時間は宝物

春。

出会いと別れの季節ですね。

 

ポコ ア ポコで3年間レッスンをしてくれた米澤美紀先生が先月末で退職され、先週がその最後のレッスンでした。

 

「楽譜を読む!」が口癖の米澤先生。

「楽譜を読む」とは、拍子のことや調、アーティキュレーションなどの基本的なことから、形式や4期の時代のこと、作曲家のこと、さらには曲が作られた時代背景に至るまで、丁寧に楽譜から読み取りましょうという意味でした。


そんなレッスンを受けた生徒さんたちは、メキメキと力をつけ、同時にピアノの面白さ、奥深さや楽しさも感じていたのではないかと思います。

 

お別れは本当に残念ですが、指導者としてピアニストとして、これからますます活躍の場を広げていかれますよう、またプライベートでも、これからたくさんの幸せが待っていますようにと願っております。

 

 

3年間、音楽を愛する仲間として、共に子ども達に音楽の楽しさを伝えてこられたことに心から感謝。

ありがとうございました!

 

 

 

下は、米澤先生から生徒の皆さんへのメッセージ、そして曲のプレゼントです。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

~ポコ ア ポコのみんなへ~

 

3年間、みんなと一緒に音楽に取り組むことができてとても幸せでした。

 

心のこもったお手紙、たくさんのプレゼントも本当にありがとうございます。

みんなと過ごした時間は宝物です。

 

これからも音楽に向き合い、楽譜を読み、それを自分で表現する喜びを感じて、努力、勉強する気持ちを忘れずに音楽を楽しんでいって下さい。

 

またどこかで会いましょう。

本当にありがとうございました。

 

米澤美樹

 

 

教室生専用