子どもたちの心に届けたいのは未来の笑顔につながる「できた!」
 · 

フレーズを意識する

例えば
「今日はいい天気です。」
という文章を読む時
「きょうはい    いてん   きです。」
とは読みません。
もし区切るとしたら
「きょうは   いい天気です」
になります。
一息に切らずに読むこともありますね。

区切ったら明らかにおかしいところ、区切ってもいいところ、区切っても区切らなくてもいいところ。

こんな風に、文章にはひといきで読むところ、切るところがあります。

曲にも文章のようにまとまりがあって、それをフレーズと言います。

メロディーを声に出して歌ってみると、自然に息を吸いたくなるところがみつかります。それがひとつのまとまり、フレーズです。

もし、文章の最後の丸に当たるところでフレーズを区切らずに弾くと、聞いている人は息苦しくなってしまいます。
そんな時、私は「息をしないと苦しくて死んじゃうよ」と言います。

逆に切ったらおかしい、というようなフレーズの途中で切ると、上の文章のように妙におかしな曲に聞こえます。

どこまでがひとつのフレーズかということを理解して弾くだけで、全然違って聞こえるのです。

ピアノの曲には歌詞がないので、ドレミで歌ってみるといいです。
フレーズを意識することが大事です。

教室生専用