子どもたちの心に届けたいのは未来の笑顔につながる「できた!」

中学生

中学生のEちゃん、バスケ部です。


授業が終わって夕方5時まで部活、スクールバスで帰宅後夕飯食べて、今度は7時から9時までスポ少でバスケ。


家に帰ったら宿題を済ませ、お風呂に入って寝るそうです。


平日、夏は5日間すべてそんな感じ。冬は部活毎日とスポ少週3日?4日?、土日も試合や練習が入る、そんな生活なんだとか。

 

スポ少は任意なのかと思ったら、学校のバスケ部に入ると、ほぼみんなスポ少に入るのだそうで。

 

練習メニューも、聞いたらびっくりのキツさ。

 

・・・すごい。口あんぐりです。

小学生の時はすらっと細かった体が、今は筋肉パンパン!

 

とにかく時間がない、練習キツイ。

夜は疲れて起きていられないから勉強してる時間がないって言ってました。

好きだから出来るんでしょうね。

 

そんな話を聞いたら、とてもピアノ練習してねって言えなくなりました。

 

今は、自分の癒しに好きな曲、弾きたい曲だけ弾いていってくれればいいなぁ。

長い人生、その時々でピアノとの付き合い方が変わるのは自然だしね。

 

それにしてもなんか、自分がそういう経験(体育会系)をしてこなかったので、Eちゃんが別世界の人に見えます。只々すごいなぁって。


いつの間にか追い抜かされてる気がします。

教室生専用