子どもたちの心に届けたいのは未来の笑顔につながる「できた!」
 · 

異名同音

小1Rちゃんのレッスンの時に、すごい雷雨になったことがありました。


買い物に出かけたお母さんをすごく心配していたRちゃん。

自分のレッスンが終わってお姉ちゃんのレッスンを待っているうちに、もうたまらなく不安マックスになっちゃったんでしょう。多分号泣、してたんだな。


でも可哀想に、お姉ちゃんの邪魔にならないように声を殺して。


レッスンが終わってふとRちゃんを見ると、ウサギみたいに真っ赤な目からは、溢れて止まらない大粒の涙。


おうおう、可哀想に。


間も無くお母さんが迎えに来て、やっと落ち着いて。


可愛いですねぇ。

お母さん、こんなに心配されてお幸せ!


さて、そんなRちゃんのレッスン風景。


♯(シャープ)は半音上がる。

♭(フラット)は半音下がる。


シ♯とドは同じ鍵盤。

ファ♯とソ♭も同じ鍵盤。

ファ♭とミも同じ鍵盤を弾きます。


同じ音の高さ、同じ鍵盤なのに音名が違う。これを異名同音と言います。


ややこしいけど、よく覚えたね!

教室生専用