子どもたちの心に届けたいのは未来の笑顔につながる「できた!」
 · 

緊張の練習をしよう

たくさんの人の前、ステージで弾くのはとても緊張するものです。

ちょっとでもいいので、緊張の練習をしておきましょう。

家族にお客さんになってもらって、本番と同じようにお辞儀から練習する。

友だちを家に呼んで、聴いてもらう。

親戚のおじさんおばさん、お隣のおばさんだっていいですよ。

そんなちょっとしたことでも、人に聴かれていると意識しただけで、普段とは違う緊張を感じるものです。

自分ひとりでもくもくと練習することも大切ですが、人に聴いてもらって緊張に慣れておくことも大切です。

教室生専用