子どもたちの心に届けたいのは未来の笑顔につながる「できた!」
 · 

北海道旅行

長いです。

お時間のない方はスルー下さい。

 

私ごとですが。

 

先週水曜9/5から北海道へ行っておりまして。
日曜に仙台に戻りました。

はい、生まれて2度目の大震災です。
まさか旅先で震災に遭うとは思いませんでしたが、無事帰宅できてホッとしております。


10年ほど前に泊まった洞爺湖のホテルが忘れられず、発表会が終わったら連れて行くから!と80を超える母との約束。
 
妹と母と私、親子3人旅でした。


旅行1日目
 
台風21号の影響で、前日の夜まで「新幹線動くかな・・・」

ギリギリのところで台風が先に行ってくれたのでセーフ。

ラッキー!
 
朝7時。
仙台駅に向かう車の中。

郡山から仙台に向かう新幹線に乗る妹から

「あわわ(汗)
アホ(妹自身)がコロコロを車のトランクに忘れました(泣)」
とライン。
 
ん?
コロコロってなんだ?
服についた犬の毛をとる粘着テープのローラーかなにか?

いやいや、スーツケース!(驚愕)

おいおい、旅行に行くのにスーツ―ケース忘れるか?!!

いや、自分も小学生の時ランドセル忘れたことあるし。
さすが姉妹(汗)

旅のしょっぱなから、なんてこった。

仙台駅で妹と母と合流し、函館行の新幹線。

と、母が郡山の駅で買ったという日本酒(ちっちゃい瓶ね)とおつまみを、
「みんなで飲もう」
とごそごそと出してきた。

へ???

いやいや、いくら函館まで長い道のりとはいえ、朝から日本酒は飲めないですから(笑)

新幹線が青森に入ったころだったかな。
台風の影響で、函館から先のJRがすべて運休のアナウンス。

へ?!!
 
おいおい、今夜のホテルは小樽だよ?
函館からどうするの?
 
せめて札幌までの移動手段を提示してくれれば、その先は銘々なんとかするだろうけど。
JRさんからは、臨時のバスを出すとか、そういう代替案は何も提示されず。
怒った乗客が駅員さんに延々文句を言うのが見えた。

さあ、小樽のホテルをキャンセルして函館に一泊するか、レンタカーを探すか、どっちにする?

函館に足留めになったら、この新幹線に乗っている何割かの人は函館の宿を探すはず。
ホテルが取れない可能性も高い。
とりあえずレンタカー会社に電話よね!

やっとのことで、函館で一台だけ軽自動車を見つけ、小樽乗り捨ての契約にしてレンタカーゲット!

新幹線でお酒飲まなくて良かった(笑)

こうして函館から小樽までのドライブがスタート。

北海道はいいなぁ。
広くて緑が多くて気持ちいい!

わいわいしゃべりながら運転していると
今度はうしろから

「ピーポー ピーポー・・・・」

「へ!??  なになに!?? 」

あ・ぁ・ぁ スピードメーターは90キロ(泣)

パトカーからは次のインターの出口で止まるよう指示。

車から降りるなり私
「申し訳ありません!!」
と深々とお辞儀。

おしゃべりに夢中になって、メーター見てなかったし(泣)

横風の影響で70キロの規制がかかり、20キロのオーバーだそうです。

「本州の感覚だと、このぐらいじゃつかまらないいんでしょうけど、北海道はスピードが出やすくて事故が多いんで、厳しめに取り締まらせてもらってます。旅に来てイヤな思いさせてごめんなさいね。」
とおまわりさん。

「いえいえ、悪いのは私ですから。
何も言うことはございません。」

とほほ
何て旅行だ。

こうして延々小樽まで6時間?のドライブが続きました。

最初の予定では夕方4時前には小樽に到着して、おいしい海の幸を食べて小樽運河のナイトクルーズもいいね、の予定。

しかし小樽についたのはすでに真っ暗になった夜の8時。

コロコロを忘れた妹の着替えをユニクロで買って、とりあえずホテルにチェックイン。

それから食事に行き、ホテルに戻ってベッドにもぐりこんだのは12時過ぎ。

ふぅ~、やっと一安心。

とそれも束の間。
「ウィン!ウィン!ウィン!」
「地震です!地震です!地震です!」

どきぃーー!!!!
今度は地震か!

という旅行一日目。
続きはまた。

教室生専用