子どもたちの心に届けたいのは未来の笑顔につながる「できた!」
 · 

ピアノのポーズ♪

これは「ピアノのポーズ♪」

月に一度ある仙台バスティン研究会で、リトミックのレッスンもしているT先生に教えていただきました。

 

ピアノの鍵盤はね、右の方が高い音で左の方が低い音。

右の方向に進んだら音が上がった、左の方に進んだら下がったといいます。

 

今は聴音もしながら音の高さと鍵盤の位置関係を覚えています。

 

私たちピアノを弾ける人にとっては当たり前のことでも、こどもにとっては当たり前のことではないのだということに気付いたのはバスティンメソードの勉強を始めてから。

 

これをちゃんと理解していないと音符と鍵盤の位置関係がわからなくなります。つまりこれは読譜の入り口。

 

身体で覚えたことは忘れない。

だからポーズで覚えよう!

 

本日10月開講のプレピアノ5回目のレッスン。

欠席が多く、ふたりだけのレッスンでしたが、お姉ちゃんの飛び入り参加で計3名。

 

「はい! ピアノのポーズ♪」

 

3人だけど、はち切れそうに元気いっぱい。可愛いちびっこたちでした。

 

そうそう、下は「おまけのポーズ」

 

写真撮るから

「ピアノのポーズをしてね」

と言ったら、

「いやだー!このポーズがいいー!」

とHちゃんが言ったので、おまけでもう一枚(笑)。

 

先生も、めちゃ楽しかった!!

教室生専用