子どもたちの心に届けたいのは未来の笑顔につながる「できた!」
 · 

胸が痛むのです

先生は自分の子どもにピアノが教えられていいですね、と時々羨ましがられるのですが、実はそうでもなくて、子供には可哀想なことをしたと思っています。

次女の話。
小学生の時、ピアノに興味があったようだったのでちょこっと教えてた時期がありました。ピアノの先生になりたいなんて言ったこともありましたね。

でも、出来て当たり前と思っていたし、難しいことを無理強いしたし、テキストも難しいのをやらせていたし、時間のある時にちょこっと教えるなんて感じで。

厳しい上に、娘に合わせるんじゃなく自分の教えたいことを教えたいように教えていたので、そのうち自然にやらなくなりました。ついてこられなかったんですね。

楽譜もよく読めないのに難しい曲を弾かせようとしていたのですから当たり前ですが。

ところがその次女、中学吹奏楽部、高校は管弦楽部で、フルートを吹き、音楽大好き、クラシックも大好きになっちゃったのです。

練習もしてたし、知らぬ間に色んな曲をネットで買ってたりして、当時から曲は私よりよっぽどたくさん知ってましたね。

で、社会人になった今も高校の管弦楽部の定期演奏会の写真を部屋に飾ってまして。
青春の大切な思い出なんでしょう。

でも私はこの写真見るたび胸が痛むのです。
もうちょっとちゃんと向き合って、楽しく教えてあげればよかったなぁって。

親が子供に教えるってのは難しいものです。感情が入っちゃうので。

でもそれにしても、あまりにやり方がまずかったために、ピアノを弾けるようにしてあげられなかったなぁって。

音楽大好きなのに、小学生の時は私が嫌いにさせちゃってたんですね。

だからこの写真を見るたびに、私は胸が痛むのです。

教室生専用