子どもたちの心に届けたいのは未来の笑顔につながる「できた!」
 · 

フレーズの終わりはおさめる

フレーズの話をしました。

文章の句読点のように、メロディーにも区切りがあり、それをフレーズといいます。

フレーズの終わりは優しく丁寧に弾きましょう。場合によってはそうならない時もありますが、基本は「優しくおさめる」です。

文章の最後をぶっきらぼうに、言い切るように読むと、命令口調に、あるいは怒っているように聞こえますね。

ピアノもフレーズの終わりをぶっきらぼうに弾くと、あれれ?乱暴に聞こえますよ。

フレーズの終わりは優しくおさめる。
お話しているように、歌っているように弾けるといいですね。

そして最後の音をおさめたら、グーモーション。
グーモーションとは手首の脱力です。手首の力を抜いてほんの少し持ち上げましょう。
そうすると余韻のある綺麗な響きが残りますよ。

教室生専用