子どもたちの心に届けたいのは未来の笑顔につながる「できた!」
 · 

フレーズの山

今日もフレーズの話。

フレーズの終わりはおさめる、という話をしました。おさめるということは、ディミニエンド(だんだん弱く)です。

 

そしてもうひとつ。フレーズの中には向かっていく音というのがあって、そこがフレーズの山になります。メロディが高い音に向かったら、そこがフレーズの山。クレッシェンド(だんだん強く)してみましょう。

 

音符の玉をね、線でつないでみるとわかりやすいですよ。山ができたらそこを少し盛り上げて弾いてみて下さい。

 

強弱をつけて心をこめて弾いたら、曲が生き生きしてきますね。

 

拍子やリズムの関係で一番高い音が一番大きい音、とならないこともありますが、それは声に出して歌ってみたらわかります。音楽は歌が基本ですから。

 

フレーズを意識して自分で色々考えながら弾くと面白いですよ。

 

 

教室生専用